40代の肌は分岐点

パックする人

老化を食い止めるには

「25歳はお肌の曲がり角」と以前はよく言われていましたが、実際に多くの人が最も実感するのは40代と言われています。お手入れの方法や効果的な成分が配合された化粧品が増えたことで、以前より分岐点が遅くなったのは事実でしょう。しかし40代になると、それまで効果的だったお手入れや化粧品でも解決できないケースが増えてきます。この一番の原因は、女性ホルモンの分泌の低下です。肌を美しく保つ女性ホルモンは20代をピークに減少し、40代になると最大値の約半分にまで減少すると言われています。そのためそれまでのケアでは足りなくなり、シミやシワ、たるみ等の肌の老化現象が目立ってくるのです。ただしそんな体の変化が訪れても、エイジングケアを始めることで老化を食い止め美肌を保つことは可能です。40代のエイジングケアで最も大切なことは、乾燥対策と言われています。女性ホルモンが減少することで、肌は水分保湿力を失っていきます。これにより乾燥が起こり、肌のバリア機能が損なわれ、シミやシワ等の老化が進行してしまうのです。そこでエイジングケアの第一として、乾燥を防ぐ保湿ケアが必要です。実際にエイジングケア用の化粧品には、保湿対策として様々な成分が含まれています。どの成分にも科学的な根拠があるとされますが、40代の乾燥対策で特に効果的とされるのがセラミドです。これは、セラミドが肌の表面だけでなく奥まで届きやすいからと言われています。また、硬くなりがちになった真皮のコラーゲンを強化するために効果的なビタミンC誘導体が含まれたエイジングケア化粧品も、40代にはおすすめです。