ラジオショッピングでドライブレコーダーを買ってみた。

年末年始の期間を海外旅行に行く方も多いと思います。

昔より海外旅行は気軽に行けるようになったといっても、やはり年末年始は高いですよね。
ハワイでも韓国でも、韓国にしても、外国語が話せなくても不自由はないのではないでしょうか。
でも細かい事なんかは、現地の人には伝えにくいです。

そんな不安を解消するのが、ラジオショッピングでも人気の携帯翻訳機です。日本の民間ラジオ局の多くは、ネットワークの組織に加入していてAM放送はジャパン・ラジオ・ネットワークと全国ラジオネットワーク、FM放送は全国FM放送協議会とジャパン・エフエム・リーグ、メガロポリス・エフエム・ネットワークです。それと、NHK-FM放送と放送大学以外が属する全民放放送が参加している全国FM連合があります。但し、JFLとMegaNet、全国FM連合は他に比べ、同じ放送網としての関係はさほど深くはありません。情報をやり取りしたり一部の番組販売、、定期的ではない合同キャンペーンなどに留まります。

ラジオショッピングの特性としては、ラジオ局及びグループ企業がオンエアーされるラジオショッピングは、扱う商品には局ごとに特徴の違いがあるが、商品ジャンルは多岐にわたります。

事例としては、デジカメやPC、加湿器取り付けを含むエアコンなどの電化製品から貴金属や産地直送品、ついに、仏壇やトイレリフォームの取扱いもあったりします。そのようなラジオショッピングのほとんどはスポンサー通販となっています。

スポンサー通販の中でも、取扱い商品の専門的な傾向のある場合と、取扱い商品が総合的な傾向のある場合とがあります。ラジオショッピングとは、ラジオ番組内で放送されるショッピング番組で、通販の一つです。
日本国内においては、民放ラジオ局の長時間番組中に流されたり、独立した番組として放送されるショッピング番組のことです。このようなラジオショッピングについては、文化放送の関連会社が開始されたのが始まりとなります。

通販会社がラジオショッピングを行う利点は、テレビショッピングと比べ、リスナーにすると「視覚で商品をみていないので、ある程度は違ったりすることもある」と承知しているためか、商品が届いた時に、「頼んだものと違う」というトラブルは多くなく返品もテレビ通販よりかなり少ないと言われます。ラジオショッピングを運営する企業にとっても、ラジオ放送は比較的少ない予算で始めることができる長所があることから、誰もが聞いたことのある企業や地方の中小企業まで、スポンサー通販に参入しています。ラジオ通販ではメディアの特性上、TV通販の映像やカタログなどの印刷物と異なり、商品の姿を見ることができません。

そこで、販売元あるいは商品のメーカーの信用力や対応を確認することが重要です。当初のラジオショッピングは、民放ラジオ局とそのグループ企業により放送するラジオショッピングが一般的でしたが、近年はラジオ業界の広告収入減に伴って、近年においては、いわゆる「スポンサー通販」が多くなってきています。

ラジオショッピングというものは、ラジオ局自体あるいはグループ企業により行われるものと番組のスポンサー企業などが、スポンサー通販といわれる外部の通販会社による商品販売に分かれます。

今年もそろそろ、おせち料理の予約をしなければなりません。

ラジオのショッピングCMでもおせちのCMをよく聴きます。

家では毎年ラジオ通販のおせちを注文します。
良く知れたところのおせちは、まあ内容はどこも似たり寄ったりです。
そういう理由からか、特典を付けてつけることで他社との区別をしようとしています。
ラジオ通販で購入のドライブレコーダー。

今日、ついに届きました。配達時間の指定を午前中にしていたため、朝一番から心待ちにしていたのですが、佐川急便の配達のお兄さんが来たのはお昼12時ちょっと前でした。

まぁ、12時ちょっと前も12時も午前中ですね。
伝票にサインして荷物を受け取りました。

昼食をとってから、車に付けようと思います。
通信販売とは、無店舗販売で小売りを行うことです。販売店舗ではなく、媒体を利用して商品やサービスをアクセスした消費者から注文を受けます。
近年ではインターネットが普及したことで「通信販売」や「通販」といえば、ウェブ販売によるものを指すことがあります。
現在、通信販売を行っているのは、カタログ販売専門のような無店舗業者だけでなく多種多様です。あなたは「ラジオ広告」に、どんなイメージがありますか?ドライブ中にラジオを聞いていたら、ラジオ広告が流れているのを聞いたことがあるでしょう。

AMやFMを問わず、番組の合間にテレビと同様にCMが流れていますよね。またラジオ広告にはもう一つ、商品紹介をラジオ番組として導入するタイプもあります。その番組のパーソナリティや出演者が、「今年の人気の商品は○○」「薄毛が気になる人には◎◎がおすすめ」などと商品を紹介します。

時にはスポンサー企業の担当者へのインタビューもあったりと、商品の魅力を引き出していきます。

エアコンは使うことが少ないのですが、さすがに気温が40度ともなると、もう耐えられませんね。ですが、エアコンをつけると気になるのが電気代です。

ラジオショッピングで聴いたのですが、最新型のエアコンになるほど省エネだそうで、新しいエアコンは1時間つけっぱなしで2円ほどの電気代です。ラジオショッピングで言っていたエアコンにさっそく買い替えしました。

ラジオショッピングは昔から始まった通信販売の一つです。
おすすめ商品として、ラジオパーソナリティが行います。

ラジオ通販での紹介時間は短いことが多いです。ラジオパーソナリティの言葉や話し方によって商品の印象が違ってきます。

ですのでラジオ通販においては、実際に紹介商品を見て購入したいのならあまり向いていないのではないでしょうか。ですが、注文した人の中には、好きなパーソナリティが紹介していたので注文したという人もいます。
ラジオっていったい誰が聴いているの?ビジネスマンにとってはなじみが薄いかもしれませんね。男女の比率では、おおよそ半々となります。

50代、60代、70代以上と年齢が上がるにつれて、ラジオを聴く人の割合も上がってきます。

また、地方に住んでいるリスナーが多いのも特徴です。

日常的にラジオを聴く習慣のある方の割合では、東北・九州などの都道府県が占めています。
都会の若者などからは想像しにくい形で、生活の中にラジオが溶け込んでいる層が一定数今でも存在しています。現在ではインターネットの通販やテレビ通販で、どんなものでも買う人が増えてきています。その他にも意外と人気なのが「ラジオ通販」なんです。前にラジオを聴いたのはいつだったか?という人もいるかもしれませんが、通販で買い物するのが好きな人なら、民放ラジオのラジオ通販という手もありますよ。

ラジオショッピングでは、商品については聴くだけなので、簡潔に分かり易くその商品の説明や効果を説明しています。以外にも、思いがけない商品が見つかることもあります。

通勤や通学の合間などの隙間時間で買い物ができるので、時間の無駄もありません。

ラジオショッピングで買ったドライブレコーダー。
やっと来ました!午前中の配達指定にしていたので、いつかいつかと朝から待っていましたが、佐川急便の配達のお兄さんが来たのはお昼12時ちょっと前でした。
まぁ、12時ちょっと前も12時も午前中ですね。無事にドライブレコーダーを受取りました。明日にでも車に取り付けようと思います。

朝一番で来てくれていたら、銀行に行ってから午後から映画に行こうと思っていたのに、予定変更です・・・。快適生活のラジオショッピングABCラジオで紹介された商品はこちら