FMラジオのラジオショッピングについて

初めの頃のラジオショッピングは、ラジオ局やそのグループ企業が行うラジオショッピングが主でした。ラジオ業界の広告収入の減少により、ラジオ業界の広告の収入源に伴い、今では、広告主による通販番組が増えています。

ラジオショッピングにおいては、民放ラジオ局自体か民放ラジオ局の関連企業が行うものと外部の通販会社などが、自社製品販売のためのスポンサー通販に分けられます。今日ではネットの通販やテレビの通販で、さまざまな商品を買う人が増えてきています。
その他にも意外と人気なのが「ラジオ通販」なんです。前にラジオを聴いたのはいつだったか?という人もいるかもしれませんが、通販好きな人なら、ラジオのラジオショッピングもいいものがありますよ。

ラジオ通販では、あなたの耳で聴くだけですから、とても分かりやすくその商品を手に取るようにわかります。ダイレクトに魅力が伝わるんですね。

家事をしながらの隙間時間などでお買い物ができるので、会社員でも主婦でも学生でも、すきま時間を使ってお買い物できますね。

日本国内の民間のラジオ局の大部分が、ネットワーク組織に入っていて放送網が形成されています。

AMラジオはJRNとNRN、FMラジオはJFNとJFL、MegalopolisRadioNetworkとなります。さらに、NHK-FM放送と放送大学以外の全国FM連合があります。

(全民放FM局が参加)しかし、全国FM放送協議会とメガネット、全国FM連合については、ネットワークとしての関係性は密ではありません。

情報交換や一部の番組販売、定期的ではない合同キャンペーンなどに留まります。
通信販売というのは、実店舗を持たない販売方法の一つです。

お店ではなく、媒体を使って商品を消費者から注文を受けることです。近年ではインターネットが普及したことで「通信販売」や「通販」といえば、多くはウェブサイトでのことを指すことがあります。今の通販業者は、実店舗を持たない業者だけでなく種々雑多です。ラジオショッピングの特徴は、ラジオ局自身またはグループ企業によって番組で行うラジオショッピングは、扱う商品には局ごとに特徴の違いがあるが、商品ジャンルは多岐にわたります。
例として、パソコンやデジカメ、ヒーター、加湿器、エアコンなどの電化製品から貴金属やブランド牛肉・ふぐ刺しなどの食品、果ては、トイレのリフォーム請負も取り扱われたりします。

そのようなラジオショッピングのほとんどはスポンサー通販となっています。

スポンサー通販でも、家電専門的傾向のある場合と、美容・健康関連品・生活雑貨などが主体の場合とがあります。

ラジオショッピングは耳で聴いた情報だけなので、テレビや印刷物と異なり、商品の実物が分かりにくいです。
そのため、販売元や商品の製造元の信頼性や顧客対応の評判を見ることがラジオ通販では必要です。「ラジオ広告」と聞いた時、どんなイメージがありますか?ラジオを聞いたことがある人なら、ラジオ通販をやっていたということもあるでしょう。
AMやFMとも民放なら、ラジオ番組の合間にはテレビ番組と同様に通販のCMがあったりしますよね。それとは別にラジオ広告には、番組として商品を紹介するパターンもあります。

パーソナリティをはじめ番組出演者が、「今年の人気の商品は○○」「健康の■■の悩みなら、◎◎は知っていますか?」などと商品を紹介します。あるときは、広告主企業の担当者へのインタビューも交えて、より訴求効果が高くなるような演出をしています。

ラジオショッピングを行う通販会社のメリットは、テレビショッピングと比較すると、リスナーにすると「視覚で商品をみていないので、ある程度は違ったりすることもある」と承知しているためか、商品が届いた時に、「イメージしていたものと違う」のようなトラブルは最小限でテレビショッピングより返品も大幅に少ないようです。ラジオショッピングを行っている企業としても、テレビ放送よりかなり少額の予算で始められる値打ちがあることから、誰もが知っている大企業や地方の中小企業まで、スポンサー通販の企業業態は多様です。ラジオショッピングは昔から始まった通信販売の一つです。
おすすめ商品として、ラジオパーソナリティです。

比較的短い時間に商品が紹介されます。ラジオパーソナリティの言葉や話し方によって商品の印象が左右されてしまうこともあります。

そういうことから、ラジオショッピングは、商品を確認して買いたい人には不向きです。
ですが、注文した人の中には、ラジオパーソナリティなどが商品の紹介を行うことによって親しみやすさなどを感じる方もいます。そもそもラジオショッピングは、ラジオの放送をとおして流されるショッピングプログラムのことで、通販のこととなります。

日本においては、民放ラジオ局の番組中に挿入されたり、独立した番組として流されるショッピング番組のことをいいます。

そんなラジオショッピングは、文化放送開発センター(文化放送の関連会社)が、昭和48年に初めて放送されました。はぴねすくらぶ ラジオ fm横浜